Nゲージ ポイント切り替えの信号を調査

KATOの電動ポイントの切り替えスイッチの出す信号をオシロスコープで調べた。
とはいえ、単純な物理的なスイッチで切り替えているので、出ている電圧くらいしか見るところが無い。

12Vのパルスが出ていた。
直線からカーブへの切り替え時が赤がプラス。
カーブから直線への切り替え時は黒がプラス。

追記

YouTubeの動画へのコメントでPetit Labさんに「オシロスコープを100ms/divにするとパルスが見れる」とのアドバイスをいただいたので、いろいろいじってみたらようやく見れた。
5倍に時間が伸びているので、パチンパチンと6回切り替えた状態(カーブ→直線→カーブ→直線→カーブ→直線→カーブ)が記録されています。

ポイント切り替え時の信号
カテゴリー: Nゲージ, 作業 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA