PIC12F1822でFC-102を光らせる

まずはMCCでクロックを内蔵オシレーター8MHzx4PLLの32MHzに設定して、RA2を出力に設定してソースファイルを生成(Generate)。
main.cにビット0を送る関数((void) send_bit0(void))とビット1を送る関数((void) send_bit1(void))をアセンブラで書いて、メインループで次のように send_bit0(); だけにして、まずは send_bit0(); が正しく動くかを確認。

send_bit0を実装

while (1) {
    // Green
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    // Red
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    // Blue
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    send_bit0();
    __delay_us(50);
}

最初、全部(16個)のLEDがMAXで白く発光して「どういう事だよ…」となったけど、よく調べたらクロックが8MHzになっててx4PLLされてなかったりして、ちゃんと32MHzで動くようにして再度調整。調整した結果がコレ。

void send_bit0(void)
{
    // 0.5, 2.0us
    // 4, 16 insts
#asm
    movlb 2 ; BANK 2
    bsf 12, 2 ; LATA, 2
    nop
    movlb 2 ; BANK 2
    bcf 12, 2 ; LATA, 2
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
#endasm
}

send_bit1を実装

(void)send_bit1(void) も調整。

void send_bit1(void)
{
    // 1.2, 1.3us
    // 10, 10 insts
#asm
    movlb 2 ; BANK 2
    bsf 12, 2 ; LATA, 2
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    movlb 2 ; BANK 2
    bcf 12, 2 ; LATA, 2
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
    nop
#endasm
}

結果としてwhileループの最後の__delay_us(50);__delay_us(70);に調整。
最初のうちは24ビットしか送ってないのにLEDが2つ光ったりしてタイミングの調整が大変だった。でも、意外にもアセンブラで書いたのは (void)send_bit0(void)(void)send_bit1(void) の2つだけで動いた。

send_byteを実装

続いて1バイトを送信する void send_byte(unsigned char b) を書いた。

void send_byte(unsigned char b)
{
    if (b & 0x80) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x40) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x20) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x10) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x08) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x04) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x02) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
    if (b & 0x01) {
        send_bit1();
    } else {
        send_bit0();
    }
}

main.cファイル

今回のmain.cのファイルです。
MCCで生成したmain.cを差し替えると、次のような感じで光ります。
アニメーションはしません。

FC-102をPIC12F1822で制御。
電池はFC102の駆動用。
FC-102をPIC12F1822で制御
FC-102をPIC12F1822で制御。
どちらも電池(6V)で駆動中。
PICもFC-102も電池で駆動中

回路図

ICSP回路付き。
ICSP回路付き
電池駆動時の回路。
電池駆動時の回路

カテゴリー: PIC, ソフトウェア, 回路 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA